「就活目ってなに?」

「どんな職業に就くのか」「どんな会社や組織で働くのか」を決めることは、自分の今後の人生に大きな影響を与える可能性がある意思決定です。意思決定とは何らかの目的を実現するために「こうしよう」と自分で決めることですが、意思決定をするには通常、①意思決定に必要な情報を収集し、②収集した情報を比較・評価し、③こうしようと決める、といったプロセスを経ます。

『就活眼』とは良い会社や組織に就職するといった“自分にとっての最適な意思決定”に近づけるために、就職活動というプロセスにおいて身に付けておきたい「情報収集力」や「判断基準を持つ力」のことです。

意思決定は自分の知り得る範囲の情報の中でしか行えないので、「情報収集において視野を拡げて自分にとってより良い選択肢を準備する」ことが望ましいでしょう。また、良い会社や組織というのは人それぞれですので、“自分にとって良い会社や組織”とは一体どんなもので、“自分のライフスタイルやワークスタイルに不可欠なもの”は何なのか、といった価値基準の明確化も必要でしょう。

これから就職活動する学生の皆さんには是非『就活眼』を育てることに取り組んでいただければと思いますし、学生の皆さんを支えておられる保護者の方々や先生方にも『就活眼』の育成をサポートしていただきたいと思います。

  • 我が子の就職を支える3ヵ条
  • 進学・就職の3ヵ条
  • 就活を終えて先輩の体験談
  • 就活眼でCHECK!あなたの街の地元企業
  • 【Q&A】中国5県の地元企業で働く先輩の声
  • イマドキ大学生の就活スケジュール
  • 就活眼ホームへ戻る